当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら鎌ヶ谷西口整骨院

鎌ヶ谷西口整骨院

坐骨神経痛

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    ふくらはぎの外側、足の甲から親指にかけての痛みしびれは腰椎の4番と5番のヘルニアの疑いがあります。ふくらはぎの裏側から足の裏、小指にかけての痛み、しびれは腰椎の5番と仙骨の1番のヘルニアの疑いがあります。狭窄症は高齢者の方に多く、間欠性跛行がみられます。腰椎すべり症では腰椎がずれて脊柱管が狭くなり神経根が圧迫され歩きづらさなどが出現します。梨状筋症候群では坐骨神経は梨状筋の下を通っていて、梨状筋により絞められるとしびれなどが生じます。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経痛の原因となる疾患は多くあり、脊椎疾患、筋肉疾患、血管疾患、腫瘍性疾患、婦人科疾患、内科疾患、精神疾患などの疾患から及ぶものだと考えています。よく坐骨神経痛で代表的なものが椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症などがあります。坐骨神経痛の症状が出ているのにも関わらずに病院に通い正確な診断を受けずに過ごしている方が多くいると思いますが、似たような疾患がこのように多くあるためにヘルニアで治らないと言われてるために放置される方が多いと思います。しかし、重度な疾患になっている可能性があるので医療関係に一度来院して頂くのが1番いいと思います。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    坐骨神経痛は軽症なものであり、なおかつ腰に負担をかけない前提での話であれば1ヶ月ほどもすれば治る可能性は少なからずあると思います。しかし、実際のところ仕事や学校があるために長時間の同じ姿勢や座り仕事、重いものなどを持つ機会が少なからずあると思います。そのため自然治癒力がうまくいかずに悪化し始め、腰が痛くて動けないために他の関節の動作が鈍くなるだけでなく、筋肉も安静にしてる分固くなるために健康寿命の低下にも繋がります。坐骨神経痛は他の重度の疾患の可能性もあるものなのでしっかり注意しておく必要があります。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    坐骨神経痛の程度にもよってきますが、軽症なら腰に負担をかけずに安静にすることを条件とするのであれば治療院に通わずとも放置していても一か月くらいで治る可能性はあります。それ以外では、加齢による筋力の低下や日頃の運動不足により筋肉が固くなり、神経が圧迫されたり、血液循環が悪くなるために坐骨神経痛の悪化に繋がるために日々のストレッチや運動を行う事で改善の見込みがあります。他にも喫煙してる方には禁煙を勧めます。理由としてはニコチンが血管を収縮させ、血液循環が悪くなると言われているために禁煙をさせることで血行をよくします。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院が考える治療メニューとしては、EMS、筋膜ストレッチ、猫背改善矯正、鍼があります。EMSは筋肉を鍛えるモードと和らげるモードがあるのですが、どちらもその時の用途により使い分けられます。初期のうちでは和らげてあげることで痛みを減らし、その後は筋肉が足りない所を腰を痛めずに鍛えてあげることができます。筋肉ストレッチでは筋肉性の疾患であった場合、筋全体をストレッチしてあげることで神経の圧迫を防ぐ効果があります。猫背改善矯正では上半身、下半身ともに筋肉を伸ばすことができるので全体のバランスを良くすることができます。鍼では血流を改善します。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    神経の圧迫が緩和または無くなるために、痛みやしびれが出にくくなるために日常生活や仕事に集中することができます。主に筋肉を和らげたり、血行の改善を考えての治療メニューのために、坐骨神経痛だけでなく冷え性や筋肉の固さがなくなり、身体の耐震ができるために、同じ動作をしても身体にかかる負担や疲れが身体に溜まりにくくすることができます。疲れが身体に溜まりにくくしてあげることで健康寿命があげることができるだけでなく、休みの日の行動も多くすることができると思います。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    本音を言うなら毎日来院された方が身体にはいい影響が出るのですが、より実感値を高めるのであれば2日に1回来て頂くことで施術した日としてない日での違いがわかることで治療意欲にも繋がると考えています。どのメニューも1回行っただけでも効果はあるのですが、健康寿命の事を考えるとより長い期間治療していただいた方がより快適に生活することができます。

  8. 坐骨神経痛関連でよくある質問と回答

    明るい挨拶

    • Q. 背中から臀部や脚の外側が痺れや痛みがあるのが気になる。
      A. これは坐骨神経痛の代表的な症状です。坐骨神経という神経はお尻から脚まで繋がっている神経なのですが、この神経がなんらかの原因によって阻害されていると神経痛として痛みが出てきます。この原因はいくつかあるのですが、基本的にお尻にある筋肉の硬さから神経が圧迫されて通りが細くなってしまい痺れなどが出てきます。まだこれは初期段階なのですが、酷くなってしまうと足の感覚がなくなってしまうなのどの症状が出てしまうので早期治療が大切になってきます。痛みが酷くなる前に治療をおすすめします。

    • Q. 足を動かすときにお尻に痛みや痺れが出るのが気になる。
      A. 患者様で多く聞くものです。これはお尻と脚周りの筋肉が神経を阻害してしまい、痺れを起こしているものと思われます。近年、コロナ環境が増え、デスクワークをやる方が増えたため座る機会も増加したために動かなくなり筋肉も柔軟性を失ってしまうので坐骨神経痛になる患者様が増えてきています。こうならないためにも、仕事の合間や休憩の時間をストレッチの時間やクールダウンの時間を増やす事で身体の姿勢不良をなくしていくことが大切になっていきます。ストレッチを怠ってしまうと悪くなる一方なのでストレッチは毎日欠かさず行ってください。

    • Q. トイレや自転車に座っていたらお尻が痛み出したや痺れが強くなった気がする。
      A. これは坐骨神経痛でも梨状筋症候群という症状です。梨状筋は本来奥にある柔らかい筋肉ですが、なんらかの原因により負担がかかり硬くなります。梨状筋症候群は梨状筋をストレッチが1番効果的です。無理に伸ばしてしまうと症状が悪化してしまうため、痛みが強くならない程度に伸ばしてあげるのが効果的です。最悪の場合、手術や梨状筋ブロックなどの注射が必要になる場合があるので甘く見ずにストレッチすることが大切になってきます。毎日30秒程度のストレッチが大切です。

▲ページの先頭へ戻る

鎌ヶ谷西口整骨院のご案内

【住所】〒273-0113 千葉県鎌ヶ谷市道野辺中央2-1-33 【電話】 TEL:047-442-6855

鎌ヶ谷西口整骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00 ~ 12:30 8:30~12:00
15:00 ~ 20:30 14:30~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

東武野田線「鎌ケ谷駅」から徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方、近隣の
提携パーキングをご利用いただけます。

※詳しくは直接院へご連絡ください。

東中沢、西道野辺、初富など広く地域の方にお越しいただいております。

○ 東武野田線「鎌ヶ谷駅」から鎌ヶ谷西口整骨院までの道のりです。

東武野田線「鎌ヶ谷駅」→ 徒歩30秒
鎌ヶ谷駅を改札降りて正面図
1.鎌ヶ谷駅を改札降りて正面図
鎌ヶ谷駅改札を右に向いた方向の図
2.鎌ヶ谷駅改札を右に向いた方向の図
そのまま正面方向にまっすぐ向かうと当院が目の前に見えます
3.そのまま正面方向にまっすぐ向かうと当院が目の前に見えます
お気軽にお問い合わせください
  • 東武野田線 鎌ヶ谷駅から 徒歩30秒!

    047-442-6855

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方